北海道・東北地区

委員長

佐竹 一秀 (2013年5月31日より新任)

連絡先

株式会社 エコリス 代表取締役

〒981-1104宮城県太白市5丁目3番21号 南仙台広瀬ビル

TEL022-204-1506   FAX022-204-1748

info☆ecoris.co.jp (☆→@に変換)

地区テーマ・PR

「被災地復興支援と自然再生」      委員長 佐竹 一秀
2011.3.11東北地方太平洋沿岸に大きな被害をもたらした大津波、そして放射能。ゆっくりではありますが、回復がみられる地域がある一方で、まだまだ対応の遅れている地域もたくさんあり、いまだに先が見えず不安な毎日を送っているのが被災地・被災者の現状です。
その中にあって、私たち北海道・東北地区員会は、今までも、そしてこれからも現地に出向いて「被災地復興支援と自然再生」に向けた活動を続けたいと考えております。それは必ずしも日本ビオトープ協会単独での活動でなくとも、場合によっては他団体との連携によるものでも良いと考えており、釜石市鵜住居地区「ミズアオイの再生事業」、釜石市の「緑のカーテンプロジェクトいわて」、気仙沼市の「花いっぱい咲かそう運動」への協力、大槌町での「三陸復興支援フォーラム」の後援等を今後も行っていきます。

また、せっかく復元再生され自然環境が、復興事業という名の大規模開発で、危機に陥っている場所も見聞きします。地元や行政、他のNPOとの共働のもと、生物の生きていく空間「ビオトープ」を中心とした、より豊かな環境が形成されるよう活動を行っていきます。
『ゼロからの出発、東北の明かりが日本を活かす』(委員会メンバ-の想い)
2013年11月

北海道・東北地区のお知らせはこちら

過去の地区活動はこちら