2019年7月1日 「第17回通常総会」「ビオトープフォーラムin愛知2019‐COP10からポスト愛知へ‐」

-下記終了いたしました-

皆様のご協力、ご参加をいただき、誠にありがとうございました。

※報告書はでき次第UPいたします。

——————————————————

「第17回通常総会」、
「ビオトープフォーラムin愛知2019‐COP10からポスト愛知へ‐」ご案内


開催日 :2019年6月28日(金)
開催場所 :「ミッドランドホール」(ミッドランドスクエア5F)
(〒450-6205愛知県名古屋市中村区名駅4-7-1)
アクセス

 
公開フォーラム
主催:NPO法人日本ビオトープ協会
共催:自然環境復元学会
後援:環境省、文部科学省、農林水産省、国土交通省、愛知県、名古屋市、豊田市、一般社団法人日本造園建設業協会中部総支部、一般社団法人愛知県造園建設業協会、矢作川沿岸水質保全対策協議会、環境パートナーシップ・CLUB
—————
(1)総 会 11:00~12:00 ミッドランドホール・会議室C(ミッドランドスクエア5F)
※総会は会員・顧問のみご出席となります。(出欠はがき(5月10日ご案内に同封して送付)を6月19日必着でご返信ください)
——
(2)公開フォーラム
「ビオープフォーラムin愛知2019‐COP10からポスト愛知へ‐」
13:00~16:20 ミッドランドホール(ミッドランドスクエア5F)
(受付12:30‐)
参加費無料
※一般の方も歓迎いたします。
プログラム(予定)
13:00~開会挨拶
【第1部】13:15~
第11回ビオトープ顕彰受賞作品 
表彰式
・ビオトープ大賞:「びおとーぷ堤」(中部地区、愛知県)
・審査委員長賞:「アッケシソウ自生地『アッケシランド』」(中・四国地区、岡山県)
・環境教育賞:「村松ネイチャーわくわくプロジェクト」(関東地区、茨城県)     
・地域貢献賞:「えさし藤原の郷 水路のビオトープ」(北海道・東北地区、岩手県)
講評:日本ビオトープ協会代表顧問、自然環境復元学会会長、横浜国立大学名誉教授・前学長 鈴木 邦雄 氏
事例発表:「びおとーぷ堤」、「村松ネイチャーわくわくプロジェクト」
【第2部】14:30~
基調講演「COP10からポスト愛知へ」愛知県知事 大村秀章氏
事例報告「トヨタ環境チャレンジ2050」

       トヨタ自動車株式会社 環境部企画室長 石田栄治氏
事例報告「命をつなぐプロジェクトの成功に見る、生態系ネットワークづくりと次世代の担い手育成の仕掛けづくり・仕組みづくり」
       NPO法人日本エコロジスト支援協会理事・事務局長 北村秀行氏
       命をつなぐPROJECT 学生実行委員 小池 まい氏※、他
               (※委員長 筧紗奈氏から変更になりました)

16:15~閉会の辞
——
◇フォーラム同時開催:「中部地区委員会 ビオトープ事例パネル展」
 ミッドランドホール5F「ホワイエ」にて
——
(3)交流会 17:00-18:30 北京料理「百楽」名古屋店(名古屋駅から徒歩5分)
名古屋市中村区名駅4丁目6-23第三堀内ビル TEL052-581-1511
参加費:5,000円
——
(4)2日目エクスカーション(現地見学会)
日時 :2019年6月29日(土)9:00~14:30頃(名古屋駅前で解散予定)
集合場所(予定):名古屋駅西口バス停留所 9:00
見学先(予定):株式会社三五「ECO35」、名古屋城(昼食後自由見学) 
参加費(予定):2,000円(観光バス代等) ※昼食代、名古屋城見学代は自費となります。
定員 30名 ※定員数に達し次第締め切らせていただきます。
◇2日目視察会ご案内は こちら



◇チラシ(フォーラム、交流会・2日目視察会のご案内・申込書)は こちら
〇参加申し込み:6月19日締め切り
※チラシで申し込まれる場合:チラシ裏面申込書を印刷・ご記入いただき下記へFAX送付して下さい。
※メールで申し込まれる場合:お名前・所属、ご連絡先(住所・電話・FAX・メール等)、参加される項目(フォーラム・交流会・見学会)を明記し送信ください。

日本ビオトープ協会本部事務局
fax:03-6304-1651
E-Mail:honbu☆biotope.gr.jp(☆→@に変換してください)

※会員の皆様へはチラシ・出欠はがきを5月10日送付、
同封のおはがきにて総会、フォーラム、他出欠を6月19日必着でご返信ください。

—————————

◇フォーラムご案内文書(各位広報)は こちら
◇顕彰結果お知らせは こちら


〈2019年5月10日・17・20日、6月18日〉